痴漢冤罪で想定しうる最悪のケースとは・有罪と刑事罰編

  • 「痴漢冤罪で誤認逮捕なのに前科つく可能性はあるのだろうか。。。」
    「痴漢事件で刑務所に入れられることはあるのだろうか。。。」

    痴漢冤罪で無実が晴らせず、前科がつく可能性があるのか不安な方は大半だろう。
    痴漢には、都道府県の条例に違反する痴漢と、刑法に違反する痴漢の二種類があるが、最悪の場合有罪になって前科がつくことになる。
    無実であれば、最後まであきらめずに争うべきだが、今回は痴漢冤罪のケースで想定しうる二種類の前科について、解説しよう。

    都道府県の条例違反の痴漢の刑罰

    各都道府県の「迷惑行為防止条例」等の名称で定められている規定に違反する痴漢について。
    一般的に、電車やバスなど公共の場で、相手に恥ずかしい思いをさせたということが違反の内容となり、類型としては服の上から触ったようなケース。

    都道府県の条例違反の痴漢の冤罪で逮捕され、有罪になると、多少の差はあるが、概ね50万円以下の罰金、または6か月以下の懲役程度の罰則が定められていることが多い。
    罰金刑になると、法廷に出ることはなく、罰金を払えばすぐに釈放されるが、前科がつくことに変わりはない

    刑法の強制わいせつの痴漢の刑罰

    刑法には「強制わいせつ罪」という罪が規定されている。
    これは、被害者を暴行したり脅迫して反抗できない状況にして、わいせつな行為をしたことが違反の内容になる。
    痴漢に当てはめると、服の下に手を入れて、直接陰部など身体を触ったり、胸を鷲掴みしたようなケースが、強制わいせつと判断されることが多くなっている。

    強制わいせつにあたる痴漢で逮捕され、有罪になると、6か月以上10年以下の懲役刑が定められている。
    罰金刑が想定されていない重い犯罪類型で、執行猶予がつかない限りは刑務所に収監されることになる重たい部類だ。
    ついでに、執行猶予がついても、有罪であることに変わりはないので、前科はつくこととなる。

    痴漢の冤罪に巻き込まれた場合、こんなに重い罪にあたり、前科がつく可能性があることに恐怖を感じた人もいるだろう。
    前科がつくと、履歴書の賞罰欄や、海外渡航の際に記載が求められたり、職業によっては付く事が出来なくなることもあるので、罰金刑でも「払えば終わり」というものではないということも記憶しておこう。
    冤罪の場合は、弁護士の力を借りつつ、最後まで無罪を主張することが人生に大きく影響する。